展示会の成功はブースデザインのファーストインパクトから

お問い合わせ

グループウェアの展示会ブースを制作

BtoBにおける、業務効率化を目的としたグループウェアのPR用展示会ブースデザインを制作いたしました。

展示会ブースデザイン制作のコンセプト

導入メリットがひと目でわかる!
業務効率化をブース全体でビジュアル化

近年、働き方改革の流れにより業務改善を急ぐ企業が増え、業務効率化ツールの需要も高まっています。展示会で業務効率化ツールをPRする場合、機能面や使いやすさを伝えることはもちろん重要ですが、経営者や経理、営業などツールの利用者にとっての「メリット」が最大の訴求ポイントといえます。今回ご紹介する展示会ブースは、組織内部でスケジュール・タスクなどの情報共有、メール機能から勤怠管理までを効率的に行うための、グループウェアです。「月末の請求書の作成時間削減」「資料のデータを探す時間削減」など業務内容ごとに抱える具体的な悩みを解決できることをPRし、問題解決によって削減される残業時間を提示することで具体的な導入検討へと繋がります。ソフトウェアなどのツールを展示会でPRする際は、「導入後のメリット」をまず伝えることが重要といえます。

改善前の展示会ブースデザインの課題

  • 話題の働き方改革をサポートするシステムとして訴求したい
  • 似たようなブースデザインが多いため、明確に差別化したい
  • 機能面を多く入れ込み過ぎて結果的に複雑な印象を
    与えてしまう

改善後の展示会ブースデザインのポイント

  • 業務効率化をブース全体でビジュアル化
  • 中央ディスプレイの動画で注目を集め、印象に残す
  • 機能面はパンフレットやパネルに記載し、導入メリットを壁面にデザインし、わかりやすく伝える
  • ムダな時間が減るとともにビルの明かりが消灯
  • 業務の改善例を会社員のセリフで表現
カテゴリー 展示会ブースデザイン
トップページに戻る

お電話でのお問い合わせ

展示会ブースに関するご質問・疑問に
お答えいたします。お近くの支社にお電話ください。


03-5919-4725
名古屋
052-269-0607

受付時間:平日10:00-19:00

メールフォームでのお問い合わせ

サービスの詳細や事例について
詳しい資料を差し上げます。

ご相談はお気軽に