展示会の成功はブースデザインのファーストインパクトから

お問い合わせ

人感センサーの展示会ブースを制作

介護業界の介護施設経営者向けの人感センサーのPR用ブースデザインを制作いたしました。

展示会ブースデザイン制作のコンセプト

一瞬でブース訪問者の心をつかむ!
商品を擬人化したキャラクターでメリットをアピール

高齢化によって介護施設の需要が高まり、施設の人手不足が問題となっています。そのため、介護施設の業務を効率化させるツールの需要は増え、介護産業向けの展示会はどんどん増加傾向にあります。その中で競合に勝つためには、「導入メリットを伝えられる」展示会ブースで出展することが重要です。施設の経営者が求めるのは、そのツールを使って施設にどのようなメリットが得られるかということです。導入メリットがしっかりと説明されていないブースは、施設の経営者にとって必要性が伝わらず、説明を聞かないと用途がわからないため、ニーズに合っていても「必要ないかな」と決めつけてしまうおそれがあります。今回ご紹介するブースは介護施設向けの人感センサーシステムです。人感センサーが反応・通知することによって入居者の徘徊を防ぐ、緊急時にアラートが通知されるなど、センサーによって入居者の安全を守るというシステムです。実際の商品や商品説明ポスターだけでは訴求が弱いため、商品を擬人化したキャラクター「見守るぞうくん」を起用し、キャラクターが導入メリットを喋ることで来場者の目線を集め、商品メリットがしっかりと伝わります。サイドには使用時の状況をイラストにしているため、ひと目でどのようなシーンで使うか理解させることが可能です。競合に埋もれない為には、ブースデザインだけでターゲットにどのようなメリットがあるかを、いかにわかりやすく直感的に伝えるかが重要となります。

改善前の展示会ブースデザインの課題

  • シンプルなデザインの商品なので印象に残らない
  • ターゲットに介護負担の軽減をアピールしたい
  • 使用例をわかりやすく訴求したい

改善後の展示会ブースデザインのポイント

  • 商品の擬人化キャラクターオブジェで来場者の印象に残す
  • しゃべるキャラクターが介護負担の軽減をアピール
  • 使用例を動画にすることでメリットを伝えられる
  • 商品をキャラクタ―化し、商品の良さをアピール
  • キャラクターのしゃべりと連動した使用例動画
カテゴリー 展示会ブースデザイン
トップページに戻る

お電話でのお問い合わせ

展示会ブースに関するご質問・疑問に
お答えいたします。お近くの支社にお電話ください。


03-5985-6240
名古屋
052-269-0607

受付時間:平日10:00-19:00

メールフォームでのお問い合わせ

サービスの詳細や事例について
詳しい資料を差し上げます。

ご相談はお気軽に